Cafe Ms' 季節の便り

カテゴリ:『赤米甘酒シフォン』のケーキ教室( 3 )

ケーキ教室が開催されました。

久しぶりのケーキ教室が開かれました。
9月に申し込まれたお二人が、10月にお越しくださいましたよ。
ずっと楽しみにして待っておられたそうです。

b0297741_15054170.jpg
 この『赤米甘酒』は、総社の秋山糀店さんが、数十年前にの開発したものです。
総社市特産の『赤米』という御神米を、今は亡き当主が長年の苦労の末に甘酒に創り上げたものなんです。
当時、全国放送のテレビで紹介もされ、(他県に住んでいた頃)その放映をたまたま見て驚いたという経験があるのです。
 この珍しい赤米甘酒を広く知ってもらい応援したいとの気持ちから、『赤米甘酒シフォンケーキ』をマスターが作り、お客様に提供して召し上がっていただくだけでなく、ケーキ教室をも始めたという由来があります。


さて、ケーキ教室は、ホームページの案内にあるように、実技なしの「見るだけ・食べるだけ」の教室です。
b0297741_14582525.jpg
b0297741_14584449.jpg
アスターがレシピを説明しながら開始です。
受講者のお二人は、カウンターに腰かけて、質問もしながら熱心にメモを取っておられます。

b0297741_15004707.jpg
講師は、あらかじめ準備していた材料や道具を見ていただき、説明しながら作り始めました。
b0297741_15002875.jpg
b0297741_15000048.jpg
b0297741_15000848.jpg
b0297741_14595244.jpg
b0297741_15011795.jpg
途中、何度か作業を見ていただきながらの説明です。↓
b0297741_15013471.jpg
生地が出来上がって、キッチンエイドからシフォン型に流し入れました。
「紙は敷かないのですか?」との質問。流石にケーキ作りを経験しておられる受講者さんですネ。
「はい、シフォンは型の壁にしっかりくっついて焼き上がらないといけないので・・・」と講師。
b0297741_15044192.jpg
そして、

気泡を抜くために、初めはそっと数回、途中からかなり強く、トントンと、型を持ち上げてはキッチン台に型を打ちます。

それから、あらかじめ温度を上げておいたオーブンに入れて焼きました。

待っていただいている間に、前日に焼いておいた『赤米甘酒シフォン』とアニバーサリー・ブレンド珈琲を点てて、
召し上がっていただきながら、質疑応答です。


焼き上がりました?   ん????
b0297741_15032808.jpg
実際に起きたことを正直に書きますね。報告ブログですからね( ;∀;)( `ー´)ノ

何故だろう?? 膨らみませんでした。つまり、失敗! ( ;∀;)(-_-;)(>_<)
しばらく後で講師が気付いたのですが、
最初に振るった小麦粉を、説明と作業をしながら話に夢中になっているうち、入れ忘れちゃったんですって。( ゚Д゚)

何度も作っているマスターなのですが、・・・・
うまくいけば、こうなるはずでした。↓
(写真は数回前の教室です)
b0297741_15065268.jpg
型より高く持ち上がって、煙突にしっかり貼りついていますでしょ。↑
その型を逆さにして置いて冷やします。

b0297741_15050370.jpg
b0297741_15030432.jpg
受講者さんゴメンナサーイ。
手順を間違ったり何か入れ忘れたりするとシッパイするよの講義でしたかね。

お土産に『赤米甘酒シフォン』ケーキホール1台と『赤米甘酒・かみよ』1袋を
お持ち帰りいただき、お開きとなりました。





[PR]
by hmusik5y | 2018-10-25 20:52 | 『赤米甘酒シフォン』のケーキ教室 | Comments(0)

久しぶりのケーキ教室

 今年初めて葡萄を入れた「『グレープ・シフォン』を作り、これが大人気でした。
そろそろ秋も終わり、エムズ定番の『赤米甘酒シフォン』を出そうという頃、ケーキ教室が開催されました。

お客様には作り方はあまり関心が無いでしょうから省略して、主な写真のみ紹介します。
11月から予約され楽しみにしていて下さった仲良しのお二人です。

レシピの説明と道具の確認
b0297741_16431406.jpg
総社市の秋山糀店製 赤米甘酒
これを使って作り、お土産にも持って帰っていただきます。
b0297741_16483163.jpg
b0297741_16434188.jpg








シフォン型、アルミニウム製が最適です。b0297741_16445642.jpg

キッチンエイドがあると手放しで拡販でき
他の作業を同時進行できます。
b0297741_16440285.jpg
カウンターから観たり、傍まで降りて行って説明を聴いたり。

b0297741_16444439.jpg
全ての材料を混ぜ終わって、
シフォン型に流し込んで、オーブンに入れ、焼き始めたところ
b0297741_16460013.jpg
焼き上がりまで待つ間、美味しいコーヒーと『赤米甘酒シフォン』でケーキセットを召し上がります。
b0297741_16453491.jpg
オーブンの中ではケーキがこんなに膨らんできました。
b0297741_16470366.jpg
焼きあがるとひっくり返して冷まします。底に貼り付いていますから、
充分な高さに盛り上がったシフォンが重力で下がってしまわないためです。

b0297741_16490024.jpg
冷えてからナイフで型から切り出すのは難しく技術を要します。
何しろ逆さまにしても落ちないくらいしっかりケーキ生地が貼り付いていたのですからね。

お二人はすべての過程を見終わって、難しそうに感じられたのでしょうか?
「やっぱり見るだけ食べるだけがいいわ」と
おっしゃいましたが、きっと1回は作ってくださるここと期待してますぅ。
数回は作れるはずの甘酒をお渡ししましたからね。( ^)o(^ )
まあ、まずは既に講師が作っておいたお持ち帰りのホールケーキを、
ご家族皆さんで楽しんでください。
きっと「これお母さんも作ってよ」と言われると想像してますよ。

質問やケーキ談義、またお仕事先の話などで、ずいぶん話が弾んで、
ゆくりホッコリの時間を過ごされて終了しました。







[PR]
by hmusik5y | 2015-12-18 18:40 | 『赤米甘酒シフォン』のケーキ教室 | Comments(0)

10月のケーキ教室

 ご無沙汰いたしました。
 当ブログにログインできない状況が続いて、長らくブログが書けませんでしたが、やっと復旧できました。
10月はコーヒー教室が3回予定され、その3回とも申込みがあり、第1回は終わりました。更にケーキ教室も申し込みがあり10月17日に開催されました。
そのご報告から再開しようと思います。

ホームページに案内しています『ケーキ教室』ですが、『赤米甘酒のシフォンケーキ』の作り方のみの講座です。
総社の産品「赤米」を長年の研究努力で「赤米甘酒」を開発し商品化された秋山糀店さんを応援したく、当店で日本中探しても無いと思われる『赤米甘酒のシフォンケーキ』を作ってお客様に召し上がっていただいています。6年間にわたって定番人気があり、年配の方には特に喜ばれております。「赤米甘酒」なる物が未だ知名度が低いので、さらに多くの方に知っていただきたいと思った店主がケーキの作り方もお教えしようと始めた教室です。

今年の1月に開催以来久しぶりに申し込みがありました。
今回はお二人の男性の受講でした。

カウンターにかけていただき、講師の説明を聴きながら作業を見学する講座です。
b0297741_18273646.jpg
b0297741_18275998.jpg
材料は予め軽量して準備してあります。
卵黄は湯煎にかけています。
b0297741_18281348.jpg
写真右に据えてあるのはキッチンエイドで、これはムラなく回転することと任せておいて他の作業ができる特長を備えています。ハンドミキサーではそうはいきませんから、とても便利な器械なんです。
そして、同時進行の作業ができるというメリットは、作業工程時間が短縮できること。
特に手早くしないと間に合わないようなチョコレート系のスウィーツを作る時には大変適したスグレモノです。
ご家庭でのケーキ作りにはちょっと高価ですが、エムズでは欠かせません。

b0297741_18284800.jpg
b0297741_18300975.jpg
b0297741_18290313.jpg
メレンゲを泡立て他の材料を合わせて生地を練り、シフォン型に流しいれます。
シフォン型はアルミ製が適します。煙突にしっかりくっつかないと焼きあがった後に逆立ちさせて冷やす間にずり落ちてつぶれてしまいます。出来上がりの高さが大切ですからね。
b0297741_18304411.jpg
b0297741_18311020.jpg

焼き上がりを待つ間に「赤米甘酒シフォン」とコーヒーを楽しんでいただきます。
b0297741_18313744.jpg

オーブンを覗いて膨らんでいくのを眺めて焼き上がりを待ちます。
b0297741_18320676.jpg
b0297741_18322515.jpg

b0297741_18324480.jpg
これで講座は終了です。
お土産に赤米甘酒シフォンのホール一台と秋山糀店謹製「赤米甘酒」をお持ち帰りいただきました。
奥様とご一緒の受講でなく男性の友人同士がわざわざ受講されたのですから、きっとご本人がお家に帰られて、後日シフォンケーキ作りに挑戦なさるのでしょう。今までにもいろんなケーキを焼かれた方でしたら、数回挑戦なさればきっと良い出来栄えに到達されることでしょう。ガンバッテくださ~い。









[PR]
by hmusik5y | 2014-11-01 20:35 | 『赤米甘酒シフォン』のケーキ教室 | Comments(0)

手作りりの珈琲専門店    Cafe Ms'のブログです
by hmusik5y
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Cafe Ms' ホームページ

http://cafems.huuryuu.com/


ワイルド珈琲のホームページ
http://www.wild-coffee.com/

最新のコメント

> きたぞうさん 早速..
by hmusik5y at 21:42
残暑のお見舞いを申し上げ..
by きたぞう at 08:25
> きたぞうさん 役員..
by hmusik5y at 09:58
戌年もよろしくお願いしま..
by きたぞう at 13:23
ずいぶん冷え込みが厳しく..
by きたぞう at 13:41
> きたぞうさん 早速..
by hmusik5y at 21:07
刈り取りが始まると大型機..
by きたぞう at 09:26
> きたぞうさん ご祝..
by hmusik5y at 11:32
> ナデシコさん ナデ..
by hmusik5y at 11:25
本日13日の10周年おめ..
by きたぞう at 19:51

ファン

検索

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ライフログ

ブログジャンル

イラスト:まるめな